トップ > 器具別「おいしいコーヒー」の抽出マニュアル

器具別「おいしいコーヒー」の抽出マニュアル

ネル(布)ドリップ

技術が伴えばコーヒー本来の味が出せる布ドリップが最高の抽出方法と言われています。

正しく抽出すれば、コーヒー本来の味が出せるのが布ドリップです。
家庭では味わえないコーヒーを提供するのに最適の抽出方法でもあります。
演出性も高く、粗挽のコーヒー豆を贅沢に使って「おいしいコーヒー」が提供できれば他店との差別化も図れます。

コーヒー豆:粗挽/15g 湯 量:160ml


1 ネルの水気を十分に切り、準備する。

POINT ネルのフィルターは一度湯を通し、軽く絞って水気を取ります。さらにタオルで包み、上からたたきながら水気を取り、シワを伸ばして形を整えます。

イメージ

2 フィルターに分量の粉を入れる。

POINT 一回目の注湯で蒸らし作業をするとき、湯が表面を転がってフィルターの端に偏ってしまい、全体にしみ込みにくくなります。そこで粉の中心に竹ベラなどで窪みを入れると、粉にお湯が均等にしみ込みやすくなり、最少量の湯で蒸らす事ができます。

イメージ

3 静かに中心から湯を注ぎ、蒸らす。(湯の注ぎ方)

イメージ

POINT 粉の中心からゆっくりと「の」の字の外周を描くように円を広げていきます。円は2〜3周描いたら、また中心へと軸を主体にして注ぎます。手前の位置(A)で注ぐ場合と(B)の位置で注ぐ場合とでは湯にかかる加速度が違うため、(B)の位置にきたときにポットを引く感覚で注湯します。

イメージ

4 10秒ほど蒸らしてから、次の注湯を行う。

POINT 抽出液のしずくの色が黒褐色から、赤、そしてオレンジ色になれば抽出を完了します。湯を注ぐスピードが早いとコーヒーは薄く、ゆっくり注ぐと濃く抽出されます。

イメージ

5 抽出が完成する。

POINT 十分に湯を含んで盛り上がった粉の中央から、1回目と同様に注湯します。さらに泡の山が沈んでしまわないうちに、3回目の湯を注ぎたします。この時ネルのフィルターに直接湯がかからないように注意して注ぎましょう。
(10秒蒸らすのは一杯だての場合)

イメージ


ネル(布)フィルターの取扱い方と保存方法

●新しいネルフィルターはまだ糊が付いている場合が多いので、水洗いをしてよく落としておきます。それからコーヒーのかすを入れ、20分くらい煮沸して、ネルフィルターをなじませます。
●使用後のネルには、コーヒーの粗脂肪が付着しています。そのままにしておくと、空気に触れて酸化し、嫌な臭いがネルにつきます。使用後、20分くらい煮沸し、冷水に浸して冷蔵庫に保管すると良いでしょう。


ポットについて

●ポットの水差し口が緩やかに下を向いている形のものが理想的。ポットを傾けることにより、湯が垂直に近い角度でフィルター内のコーヒーの粉に注湯できます。
●人差し指を支点とし、中指、薬指、小指の4本で、把手の上端から吊り上げるようにして持ちます。

イメージ

オススメのコーヒー豆は...極味まろやか仕立て

ペーパードリップ

家庭でもできる単純な抽出方法だけに差別化をするには理論と確かな技術が必要となります。

抽出技術の良し悪しが布ドリップほどはっきり味にあらわれないので初心者にも扱いやすいといえます。また、ペーパーは使い捨てできるので、洗う手間のいる布と違って手軽です。
簡便性と合理性を優先させるならペーパードリップが一番といえます。

コーヒー豆:中挽/12g 湯 量:160ml


1 ペーパーフィルターをセットする。

イメージ

POINT ペーパーフィルターを縦横のシール(接着部)に沿って各々違う向きに折ると紙の繊維がニ方向に引っ張られて袋状に重なった二枚が自然に開く形になります。

2 コーヒーの粉を入れる。

POINT コーヒーの粉は平らに入れます。ドリッパーのサイズは杯数に合った大きさのものを選びましょう。
ドリッパーのサイズに対するコーヒー粉は約1/3位が理想です。一杯12gの場合1人用のか2人用ドリッパーを、4杯35gの場合4人用のドリッパーを選びます。

イメージ

3 1回目の注湯を行う。

POINT この注湯が一番重要です。粉全体に湯をしみ込ませる最少量で、約20秒間、蒸らします。注湯量はサーバー内に抽出液が数滴落ちる程度です。

イメージ

4 2回目の注湯を行う。

イメージ

POINT 残りの湯を、コーヒーの粉全体に行き渡るよう、静かに円を描きながら注ぎます。

5 抽出が完了する。

POINT 最後の注湯を終えたとき、残りかすの状態はドリッパーの上端から1.5cm程度残っているようにします。指でかすをさわると、ふちと表面が微粉と泡、底が粗い粉の状態になっていれば、理想的な抽出が行われたことを表しています。

イメージ


オススメのコーヒー豆は...極味すっきり仕立て

サイフォン

プロの演出ができる抽出方法ですが、煮すぎないように短時間で抽出するようにします。

お客様の目の前で、コーヒー液が上下し、「淹れたて感」を楽しく演出します。 煮立てると、香りが失われるだけでなく、溶けなくてもいい成分まで溶解していやな苦味が出てしまいます。 「おいしいコーヒー」を抽出するために短時間で抽出するようにします。

コーヒー豆:中挽/15g 加水量:160ml 抽出時間:30秒


1 フラスコの湯を沸かして、コーヒー粉を入れたロートを差し込む。

POINT フラスコからロートへは、蒸気圧により上昇し、その際10℃ぐらい温度が低下します。ロート内の温度は88〜90℃くらいが良いので、必ず沸騰した時点でロートを垂直に差し込みましょう。

イメージ

2 ロート内の湯と粉を攪拌し、約30秒放置する。

POINT 一回目の注湯で蒸らし作業をするとき、湯が表面を転がってフィルターの端に偏ってしまい、全体にしみ込みにくくなります。そこで粉の中心に竹ベラなどで窪みを入れると、粉にお湯が均等にしみ込みやすくなり、最少量の湯で蒸らす事ができます。

イメージ

3 火から外し、2回目の攪拌を行い、ロート内の抽出液が、フラスコ内に落下する。

POINT 温度が低すぎるとアロマ(香り)が失われると同時に生臭みと渋みを感じさせる原因となります。砂糖やフレッシュを加えることも考えて最低85℃は維持するようにしましょう。

イメージ

4 抽出状態

イメージ
イメージ

POINT 抽出は気泡に注意しながら、行って下さい。火にかけるうち、最初は茶色だった表面の泡が白っぽく変化していきます。
やや白く細やかな泡になって、泡に切れ目が出る前に火を外します。


湯をおどらせないよう注意を

●ロート内で湯が踊ったりするのは、極端に火加減が強かったり、ロートにフィルターが密着しておらず、空間ができた部分に湯が集中する事が原因。
味に悪影響を及ぼすので、注意しましょう。


バックロートは厳禁

●抽出過程の段階で火加減等の要因により、いったんフラスコに落下したコーヒー抽出液をもう一度ロー トに上昇させることは絶対にやめましょう。
低温抽出されたものを再抽出することは、コーヒーの味に影響があり、苦味、エグ味が出てしまいます。


オススメのコーヒー豆は...極味深いコク仕立て